薄毛に必須アイテム|効果な育毛剤が初上陸

薄毛治療の専門病院

鏡を見る人

AGAを発症すると育毛剤やサプリなどを使った対策では現状維持程度の効果しか見込めないですから、個人輸入による薬の服用よりも健康面のリスクが少ない専門病院での早期治療が大切だと言えます。名古屋には高い発毛治療実績を残している病院も多いですが、選ぶ時は費用についてもチェックしておいた方が良いです。

More Detail

髪が細くなったら要注意

メンズ

薄毛の進行によって現れるのが軟毛化現象で、気をつけておく必要があります。髪が細くなったり、柔らかくなる現象です。また薄毛の種類は、男女それぞれに起こりやすいものや、円形脱毛症のように共通して起こる症状もあるのが特徴です。

More Detail

薄毛対策アイテム

頭皮マッサージ

症状別の選び方

育毛剤には実は様々なタイプがあり、症状別に正しい選び方をしないと本来の効果が得られない可能性があるかもしれません。AGAに多い頭頂部や生え際の抜け毛・薄毛が気になる人であれば、DHTの生成をブロックする働きがある「オウゴンエキス」や「キャピキシル」と呼ばれる有効成分が配合されたものが効果的です。また、ストレスや睡眠不足、生活習慣が乱れる事によって血行が悪くなり、毛根に十分な酸素や栄養が送られていない事が原因で抜け毛や薄毛が起こっている人もいるでしょう。この場合、頭皮への血行を促進したり毛母細胞を活性化させる作用がある成分が配合されたものを選ぶ必要があります。他にも、育毛剤には皮脂分泌を調整したり頭部を保湿して頭皮環境を整える成分が配合されたタイプなどもあるので、頭皮が乾燥したりかたくなっている人にはこういったタイプの育毛剤が適しているでしょう。

医薬品と医薬部外品

薄毛対策アイテムの中でも最もポピュラーな存在と言えるのが育毛になるでしょうが、育毛剤には医薬品と医薬部外品があります。医薬品育毛剤を手に入れるためには医師の処方箋や薬局で購入する事が必要になりますので、医薬品育毛剤はネット通販やスーパーなどの販売店で気軽に購入できないものです。一方、医薬部外品はネット通販やスーパーなどの販売店で購入できるので、特に制限なく気軽に購入できるのが特徴です。ただ、医薬品育毛剤は臨床試験などによってその効果が国から認可されているものですから、副作用のリスクはあるものの、効果は抜群です。特にミノキシジルが配合されている育毛剤は発毛効果を実感する人が多く見られますし、強い発毛効果を望む人には、飲むタイプ・塗るタイプ共に医薬品育毛剤の方が期待できます。また、医薬部外品は医薬品育毛剤ほどの発毛効果は期待できないものの、副作用が起こるリスクが少なく安全性が高いです。そのため、薄毛対策の最初は医薬部外品から始める人が多いのも事実です。医薬品・医薬部外品はそれぞれに特徴がありますが、それぞれの特徴を把握して自分に合ったものを選ぶ事が大切です。

額の薄毛に効く内服薬

薄毛の男性

M字ハゲの改善には体の内側から効果を発揮するプロペシアが有効です。プロペシアには男性の薄毛の原因のナンバーワンとされるDHTの生成の抑制効果があります。DHTはヘアサイクルを乱すため、成長の途中にある髪の毛まで抜けてしまいます。プロペシアはこうしたヘアサイクルを正すことで薄毛を改善する内服薬です。

More Detail